バイリンガルズ式メソッドとは?

これでダメならあきらめてもらうしかない!『英語は5分を完璧にしろ!』 「いつでもやる気の英語勉強法」など、14万部突破の「やる気シリーズ」著者、三宅裕之設立のあなたの人生を劇的に変えるシャドーイング・話せる英語勉強法
文部科学省、厚生労働省からも研修要請が来る圧倒的満足度を貴方も体験してみてください。

1.話せる英語勉強法とモチベーション管理2.外国人と日本人のバイリンガルコーチング3.発音から徹底する独自のシャドーイング学習

ご挨拶

バイリンガルズ学長 三宅裕之の写真

はじめまして。
バイリンガルズ学長の三宅裕之です。
(プロフィールはこちら

今まで、個人の受講生への語学指導や、文部科学省などの省庁や法人でのコミュニケーショントレーニングを通じて、4,000人以上の方に直接指導をさせていただきました。多くの受講生の方と接してきた結果、日本人の語学学習で結果が出ない理由は以下の2つに大別できます。

ひとつは、本当に効果のある学習方法で学習していないこと。
もうひとつは、高いモチベーションで学習を継続できないこと。

世の中の語学学習者の大半が、この両方でつまずいています。学習方法においては、特に「大人のための論理的学習方法」で学んでいなく、何となく英会話スクールなどに通ったことがある方が大半です。また、仮によさそうな教材や方法に出会ったとしても、やる気が続かない。(一般的なスクールで成果が出ない理由詳細はこちら

「英語学習に無駄なお金と時間を費やす人を減らしたい」
「誰もが学習を継続できる方法論をきちんと示そう」

と思い、設立したのが英語勉強法スクール「バイリンガルズ」であり、受講生のほとんどが成果を上げています。

バイリンガルズで成果が出る理由は以下の3つです。(効果が出る理由詳細はこちら

  • 話せる英語勉強法とモチベーション管理
  • 外国人と日本人のバイリンガルコーチング
  • 発音から徹底する独自のシャドーイング学習

それぞれに関して簡単にお伝えします。

1. 話せる英語勉強法とモチベーション管理

バイリンガルズでは、英語の総合力をつけていくために、以下のようなピラミッドを積み上げていきます。 

バイリンガルズ式英語勉強法の図

まずは語学学習に入る前の土台作り。ここでは、苦手意識の払拭、モチベーションアップの方法、目標設定、さらには体調管理までを培います。

土台を整えながら、具体的なインプットと会話の実践。発音のマスターと単語や短文の習得に始まり、リーディング・リスニングのインプット、スピーキングのアウトプットを行います。インプットは、加速学習や大脳生理学、心理学などの考えも取り入れます。また、アウトプットとしては、「訳聴メソッド」という独自の方法も使います。

2.外国人と日本人のバイリンガルコーチング

外国人と日本人のバイリンガルコーチングの写真

外国人と日本人のバイリンガルコーチング

上記の方法は、当然ながら外国人講師が英語で指導することは効率が悪くなります。日本人トレーナーが学習方法を徹底的に指導し、在宅での学習のマネージメントやモチベーションUPのサポートをします。よって、勉強方法に迷いもなく圧倒的効率で学習でき、途中で挫折することもないのです。

その上で、ネイティブ講師が発音や会話の指導をしていきます。
この「バイリンガルコーチング」のシステムが極めて高い効率を生んでいます。

3.発音から徹底する独自のシャドーイング学習

会話力向上にはリスニング力の向上が不可欠です。スピーキングとリスニングを同時に磨いていく方法として、独自のシャドーイング学習を取り入れています。(バイリンガルズ式シャドーイング詳細はこちら)よって、短期間で話す、聞く、読む、書くの全ての技能が伸びていきます。

これでダメならあきらめてもらうしかない。そう確信できる内容と受講生の方々の実績です。一般的なスクールとは違う、骨太で本質をついた学習法です。でもご安心ください。楽しくて効率的、そして誰にでもできる方法です。

英語学習の成果は以下の要素の掛算で表すことができます。

学習量(時間)×学習方法×学習対象(何をやるか)×集中力

これらのすべてを上げていくのが、バイリンガルズの日本人トレーナーとネイティブ講師によるバイリンガルコーチングです。上記の要素のクオリティそれぞれ2倍になるだけで、掛け合わせると8倍の成果となって現れます。

「どうせやるなら高い成果を出したい」
「無駄な学習は一切したくない」
「もう2度と英語学習で挫折したくない」

そう思う方にお越しいただければと思います。
まずは、無料説明会にお越しください。
あなたの人生を劇的に変える英語学習の世界が待っています。

バイリンガルズ学長 三宅裕之

バイリンガルズの特徴

ページ上部に